Watch videos with subtitles in your language, upload your videos, create your own subtitles! Click here to learn more on "how to Dotsub"

Annotated captions of Bruce Schneier: The security mirage in Japanese

Last Modified By Time Content
kkudo17 00:00
00:02

セキュリティには 2 つの側面があります

macueno 00:02
00:04

感情と現実です

kkudo17 00:04
00:06

両者は異なるものです

kkudo17 00:06
00:08

実際に安全ではなくとも

kkudo17 00:08
00:10

安全だと感じることができます

kkudo17 00:10
00:12

安全だと感じなくても

kkudo17 00:12
00:14

安全であることもあります

kkudo17 00:14
00:16

二つの別々の概念が

kkudo17 00:16
00:18

安全という一つの言葉に対応付けてられています

kkudo17 00:18
00:20

本日私がお話ししたいことは

ahicks 00:20
00:22

感情と現実を区別し

ahicks 00:22
00:24

どのような時に 別々の概念に別れ

kkudo17 00:24
00:26

どう一つに収束するかです

kkudo17 00:26
00:28

ここでは言葉が問題となります

kkudo17 00:28
00:30

これからお話しする概念に則した

kkudo17 00:30
00:33

良い言葉があまりないのです

kkudo17 00:33
00:35

安全を

kkudo17 00:35
00:37

経済学の言葉で表現するなら

kkudo17 00:37
00:39

「トレードオフ」となります

minakiyuna 00:39
00:41

安全を得るときはいつも

minakiyuna 00:41
00:43

何かをトレードオフしています

kkudo17 00:43
00:45

個人的な判断で

kkudo17 00:45
00:47

自宅に防犯ベルを設置するとき

kkudo17 00:47
00:50

国家的な判断で外国に侵攻するとき

kkudo17 00:50
00:52

何かをトレードオフすることになります

kkudo17 00:52
00:55

それはお金 時間 利便性 機能性

kkudo17 00:55
00:58

あるいは根本的な自由かもしれません

kkudo17 00:58
01:01

安全を考えるときに問うべきは

kkudo17 01:01
01:04

それが自身をより安全にするかではなく

kkudo17 01:04
01:07

トレードオフするに値するかです

kkudo17 01:07
01:09

ここ数年でこんなことを耳にしたでしょう

kkudo17 01:09
01:11

サダム・フセインが権力を振るっていないので世界はより安全だと

kkudo17 01:11
01:14

真実かもしれませんが関連性はごく僅かでしょう

kkudo17 01:14
01:17

問うべきは その価値があったか ということです

ahicks 01:17
01:20

これは個人個人で結論が出せます

ahicks 01:20
01:22

侵攻するに値したか 自分なりに判断するのです

kkudo17 01:22
01:24

これが安全を考える方法です

kkudo17 01:24
01:26

トレードオフという観点を用いるのです

ahicks 01:26
01:29

この判断に特に正しい答えはありません

kkudo17 01:29
01:31

自宅に防犯ベルを設置している人もいれば

minakiyuna 01:31
01:33

そうでない人もいます

kkudo17 01:33
01:35

住んでいる地域

kkudo17 01:35
01:37

一人暮らしか家族と住んでいるか

kkudo17 01:37
01:39

どんな凄いものを所有しているか

kkudo17 01:39
01:41

窃盗のリスクをどの程度

kkudo17 01:41
01:43

許容するかによるでしょう

minakiyuna 01:43
01:45

政治でも

kkudo17 01:45
01:47

さまざまな見解があります

kkudo17 01:47
01:49

多くの場合 トレードオフは

kkudo17 01:49
01:51

安全に関するものに留まりません

kkudo17 01:51
01:53

これは重要なことです

kkudo17 01:53
01:55

人間はこういったトレードオフに対して

kkudo17 01:55
01:57

直感を持っており

kkudo17 01:57
01:59

日々それを使っています

kkudo17 01:59
02:01

昨晩ホテルの部屋で

kkudo17 02:01
02:03

ドアを二重に施錠すると判断したとき

kkudo17 02:03
02:05

皆さんがここまで運転してきたとき

kkudo17 02:05
02:07

ランチに行き

kkudo17 02:07
02:10

食べ物に毒が混入していないと判断し食べるとき

kkudo17 02:10
02:12

私たちはこういったトレードオフを

kkudo17 02:12
02:14

一日に何回も判断しています

kkudo17 02:14
02:16

あまり意識することはないでしょう

kkudo17 02:16
02:18

生存活動の一部に過ぎません 皆やっていることです

kkudo17 02:18
02:21

あらゆる種が行っていることです

minakiyuna 02:21
02:23

野原で草を食べているウサギを想像してください

kkudo17 02:23
02:26

そのウサギはキツネを見つけます

kkudo17 02:26
02:28

するとウサギは安全のトレードオフをするでしょう

kkudo17 02:28
02:30

「留まるべきか 逃げるべきか」

kkudo17 02:30
02:32

こうして考えてみると

kkudo17 02:32
02:35

トレードオフの判断に長けたウサギは

kkudo17 02:35
02:37

生き延びて繁殖するでしょう

kkudo17 02:37
02:39

そうでないウサギは

kkudo17 02:39
02:41

捕食されたり餓死するでしょう

kkudo17 02:41
02:43

では

kkudo17 02:43
02:46

地球で成功している種である

kkudo17 02:46
02:48

皆さん 私 全員が

kkudo17 02:48
02:51

トレードオフの判断に長けていると考えるかもしれません

kkudo17 02:51
02:53

にも関わらず

kkudo17 02:53
02:56

私たちは絶望的に下手なようです

kkudo17 02:56
02:59

これは非常に興味深い疑問だと思います

kkudo17 02:59
03:01

端的な回答をお出ししましょう

kkudo17 03:01
03:03

私たちは安全の感覚に対応しているのであり

kkudo17 03:03
03:06

安全の実態に反応しているのではないということです

kkudo17 03:06
03:09

多くの場合これは有効です

kkudo17 03:10
03:12

多くの場合

kkudo17 03:12
03:15

感覚と実態は同じです

kkudo17 03:15
03:17

先史時代においては

kkudo17 03:17
03:20

まさしく真実でした

kkudo17 03:20
03:23

私たちが感覚的に反応する能力を発達させてきたのは

kkudo17 03:23
03:25

進化的に正しかったからです

kkudo17 03:25
03:27

一つの解釈は

ahicks 03:27
03:29

少数のグループで生活するときに

ahicks 03:29
03:31

必要とされるリスク判断に

kkudo17 03:31
03:34

極めて適合していたということです

kkudo17 03:34
03:37

これは紀元前10万年の東アフリカ高地でのことであり

kkudo17 03:37
03:40

2010 年のニューヨークではまた別です

kkudo17 03:41
03:44

リスクの認知にはいくつものバイアスがかかるもので

kkudo17 03:44
03:46

それについては数多くの研究があります

kkudo17 03:46
03:49

特定のバイアスは繰り返し現れるものです

kkudo17 03:49
03:51

ここでは 4 つ紹介したいと思います

kkudo17 03:51
03:54

私たちは劇的なリスクや珍しいリスクを誇大化し

kkudo17 03:54
03:56

一般的なリスクを過小評価しがちです

kkudo17 03:56
03:59

例えば飛行機と車での移動の比較です

kkudo17 03:59
04:01

未知のリスクは

kkudo17 04:01
04:04

既知のリスクより大きく捉えられます

kkudo17 04:05
04:07

例えば

kkudo17 04:07
04:10

人々は見知らぬ人による誘拐を恐れますが

kkudo17 04:10
04:13

データによると顔見知りによる誘拐の方が断然多いのです

kkudo17 04:13
04:15

これは子供の場合です

ahicks 04:15
04:18

第三に 名前を持つものによるリスクは

kkudo17 04:18
04:21

匿名によるリスクより大きく捉えられます

kkudo17 04:21
04:24

ビン・ラディンは名を持つがゆえにより恐れられるということです

kkudo17 04:24
04:26

第四に 人々は

ahicks 04:26
04:28

自分でコントロールできる状況での

kkudo17 04:28
04:30

リスクを過小評価し

ahicks 04:30
04:34

そうでない状況でのリスクを過大評価します

ahicks 04:34
04:37

スカイダイビングや喫煙をする人は

ahicks 04:37
04:39

そのリスクを実際より低く捉えます

kkudo17 04:39
04:42

テロが良い例ですが そういったリスクに曝されると

ahicks 04:42
04:45

それを過大評価します 自分でコントロールできないと感じるからです

kkudo17 04:47
04:50

他にも私たちのリスク判断に影響する

kkudo17 04:50
04:53

多数の認知バイアスが存在します

kkudo17 04:53
04:55

利用可能性ヒューリスティックというものがあります

kkudo17 04:55
04:57

これは基本的に

kkudo17 04:57
05:00

想像の し易さから

kkudo17 05:00
05:04

その可能性を推測するというものです

kkudo17 05:04
05:06

どういうことかお話ししましょう

kkudo17 05:06
05:09

トラの襲撃をよく耳にする場合 周辺にはトラが沢山いるはずです

kkudo17 05:09
05:12

ライオンの襲撃を耳にしないなら 周辺にライオンはあまりいないでしょう

kkudo17 05:12
05:15

こう考えられるのも新聞が出回るまでです

kkudo17 05:15
05:17

なぜなら新聞とは

kkudo17 05:17
05:19

繰り返し繰り返し

kkudo17 05:19
05:21

希なリスクを記すものだからです

kkudo17 05:21
05:23

ニュースになるくらいなら心配はいらないと私はみんなに言っています

kkudo17 05:23
05:25

なぜなら定義によれば

kkudo17 05:25
05:28

ニュースとはほぼ起こらない出来事のことだからです

kkudo17 05:28
05:30

(笑)

kkudo17 05:30
05:33

ある出来事が一般的なら それはもはやニュースではないのです

kkudo17 05:33
05:35

自動車事故や家庭内暴力

kkudo17 05:35
05:38

皆さんが心配するリスクはこういったものです

kkudo17 05:38
05:40

また私たちは物語る種です

kkudo17 05:40
05:43

データより物語に敏感です

ahicks 05:43
05:45

また根本的な数量に対する感覚も欠けています

kkudo17 05:45
05:48

「一つ 二つ 三つ たくさん」はある意味正しいということです

kkudo17 05:48
05:51

私たちは 小さい数にはとても強いです

kkudo17 05:51
05:53

一つのマンゴー 二つのマンゴー 三つのマンゴー

kkudo17 05:53
05:55

一万のマンゴー 十万のマンゴー

kkudo17 05:55
05:58

食べきる前に腐ってしまうほどの数です

kkudo17 05:58
06:01

二分の一 四分の一 五分の一 こういうのも得意です

kkudo17 06:01
06:03

百万分の一 十億分の一

kkudo17 06:03
06:06

どちらも「ほぼありえない」です

kkudo17 06:06
06:08

このように 私たちは

kkudo17 06:08
06:10

珍しいリスクというものが苦手です

kkudo17 06:10
06:12

そしてこの認知バイアスは

kkudo17 06:12
06:15

私たちと実態の間のフィルターとして働きます

kkudo17 06:15
06:17

その結果

kkudo17 06:17
06:19

感覚と実態が狂います

kkudo17 06:19
06:22

異なるものとなるのです

kkudo17 06:22
06:25

皆さんは実際より安全だと感じることがあります

kkudo17 06:25
06:27

偽りの感覚です

kkudo17 06:27
06:29

あるいは

kkudo17 06:29
06:31

偽りの不安感もあります

kkudo17 06:31
06:34

私は「セキュリティシアター」

kkudo17 06:34
06:37

つまり人々に安心感を与えつつも

kkudo17 06:37
06:39

実効を持たないものについて沢山書いています

kkudo17 06:39
06:41

私たちに安全を提供しつつも

kkudo17 06:41
06:43

安心にはさせないというものを示す言葉はありません

ahicks 06:43
06:46

CIA に是非やってもらいたいことです

kkudo17 06:48
06:50

では経済の話に戻りましょう

kkudo17 06:50
06:54

もし経済が 市場が 安全を促進するならば

kkudo17 06:54
06:56

そして人々が安心感に基づいて

kkudo17 06:56
06:59

トレードオフをするならば

kkudo17 06:59
07:01

経済刺激のために

kkudo17 07:01
07:03

会社が取れる良策は

kkudo17 07:03
07:06

人々に安心感を与えることです

kkudo17 07:06
07:09

それには二つ方法があります

kkudo17 07:09
07:11

実際に安全を提供し

ahicks 07:11
07:13

人々が気付くのに期待するか

kkudo17 07:13
07:16

もしくは安心感を提供して

kkudo17 07:16
07:19

実態に気付かないことを期待するか です

ahicks 07:20
07:23

では気付くには何が必要でしょう

kkudo17 07:23
07:25

いくつかあります

kkudo17 07:25
07:27

理解です

kkudo17 07:27
07:29

安全 リスク 脅威 対抗策

ahicks 07:29
07:32

それらを理解し そして仕組みを知ることです

kkudo17 07:32
07:34

もし知っていれば

kkudo17 07:34
07:37

感覚と実態は一致しているでしょう

kkudo17 07:37
07:40

沢山の実例の知識も助けになるでしょう

kkudo17 07:40
07:43

私たちは皆 近隣の犯罪率を知っています

kkudo17 07:43
07:46

なぜならそこに住んでいるからであり

kkudo17 07:46
07:49

基本的に実態と感覚は一致しています

ahicks 07:49
07:52

セキュリティシアターに気付くのは

ahicks 07:52
07:55

それらがうまく噛み合っていないときです

ahicks 07:55
07:59

では実態に気付けない理由は何でしょう

kkudo17 07:59
08:01

理解不足です

kkudo17 08:01
08:04

リスクやコストを理解していなければ

kkudo17 08:04
08:06

トレードオフの判断を誤るでしょう

kkudo17 08:06
08:09

感覚も実態とは ずれます

kkudo17 08:09
08:11

経験不足です

kkudo17 08:11
08:13

そこには発生率の低さという

kkudo17 08:13
08:15

固有の問題があります

kkudo17 08:15
08:17

もし仮に

kkudo17 08:17
08:19

テロがほとんど起きなければ

kkudo17 08:19
08:21

テロ対策の有効性を

kkudo17 08:21
08:24

判断するのはとても困難でしょう

ahicks 08:25
08:28

これが儀式でいけにえを捧げる習慣が続いたり

kkudo17 08:28
08:31

突拍子もない責任転嫁がまかり通る理由です

kkudo17 08:31
08:34

失敗例が足りないのです

kkudo17 08:35
08:38

また感情も問題を曇らせます

kkudo17 08:38
08:40

先ほど触れた認知バイアス

ahicks 08:40
08:43

恐怖 迷信 等は

kkudo17 08:43
08:46

基本的に不適切な現実のモデルなのです

kkudo17 08:47
08:50

ここを更に複雑化します

kkudo17 08:50
08:52

感覚と実態があります

kkudo17 08:52
08:55

ここに第三の要素「モデル」を加えたいと思います

kkudo17 08:55
08:57

頭の中には感覚とモデルがあり

kkudo17 08:57
08:59

外界に実態があります

kkudo17 08:59
09:02

実態は変わりません 現実です

kkudo17 09:02
09:04

感覚は私たちの直感に基づいています

kkudo17 09:04
09:06

モデルは理性に基づいています

kkudo17 09:06
09:09

これが基本的な違いです

kkudo17 09:09
09:11

原始的で単純な世界においては

ahicks 09:11
09:14

モデルを持つ理由など全くありません

kkudo17 09:14
09:17

感覚が現実ととても近いからです

kkudo17 09:17
09:19

モデルは必要ないのです

kkudo17 09:19
09:21

しかし現代の複雑な世界においては

kkudo17 09:21
09:23

私たちが直面する

kkudo17 09:23
09:26

数々のリスクを理解するためにモデルが必要です

kkudo17 09:27
09:29

ばい菌についての感覚などありません

kkudo17 09:29
09:32

理解するためにはモデルがいるのです

ahicks 09:32
09:34

つまりモデルとは現実を知的に理解し

ahicks 09:34
09:37

違う形で表現した物です

kkudo17 09:37
09:40

モデルには当然科学 そしてテクノロジーによる

kkudo17 09:40
09:42

限界があります

kkudo17 09:42
09:45

ばい菌を観察できる顕微鏡を開発する以前には

kkudo17 09:45
09:48

病気の細菌説などありえません

kkudo17 09:49
09:52

認知バイアスによる限界もあります

kkudo17 09:52
09:54

ただこれには

kkudo17 09:54
09:56

感覚を覆す力があります

kkudo17 09:56
09:59

モデルはどこから得るのでしょう?他から得るのです

kkudo17 09:59
10:02

宗教や文化

kkudo17 10:02
10:04

教師や長老から得ます

kkudo17 10:04
10:06

数年前 私は

kkudo17 10:06
10:08

狩猟旅行で南アフリカに行っていました

kkudo17 10:08
10:11

同行したトラッカーはクルーガー国立公園で育ちました

kkudo17 10:11
10:14

彼はサバイバルに関していくつか複雑なモデルを持っていました

kkudo17 10:14
10:16

それは何が襲ってきたのかによります

ahicks 10:16
10:18

ライオン、ヒョウ、サイ、ゾウ

kkudo17 10:18
10:21

また逃げなければならない場合 木に登らなければならない場合

kkudo17 10:21
10:23

木に登れない場合もあります

kkudo17 10:23
10:26

私は一日と生きられないでしょうが

kkudo17 10:26
10:28

彼はそこで生まれ

ahicks 10:28
10:30

生存方法を理解していました

kkudo17 10:30
10:32

私はニューヨーク生まれです

kkudo17 10:32
10:35

ニューヨークに連れてきたら 彼は一日と持たないかもしれません

kkudo17 10:35
10:37

(笑)

kkudo17 10:37
10:39

というのも私たちはそれぞれの経験に基づいて

kkudo17 10:39
10:42

別々のモデルを持っているからです

kkudo17 10:43
10:45

モデルはメディアや

kkudo17 10:45
10:48

役人から得られることもあります

kkudo17 10:48
10:51

テロのモデルや

kkudo17 10:51
10:54

子供の誘拐 航空安全

kkudo17 10:54
10:56

交通安全などのモデルを考えてみてください

kkudo17 10:56
10:59

モデルは産業から出現することもあります

kkudo17 10:59
11:01

私が興味を持っているのは監視カメラと

kkudo17 11:01
11:03

ID カードの二つで

kkudo17 11:03
11:06

コンピュータセキュリティのモデルがこれらから沢山生まれています

kkudo17 11:06
11:09

科学からも沢山のモデルが来ています

kkudo17 11:09
11:11

健康モデルは素晴らしい例です

ahicks 11:11
11:14

ガン、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、SARS を考えてください

kkudo17 11:14
11:17

こういった病気に関する

kkudo17 11:17
11:19

安全の感覚は全て

kkudo17 11:19
11:21

モデルから来ています

ahicks 11:21
11:24

メディアのフィルターを通した科学からもたらされています

kkudo17 11:25
11:28

モデルは変化し得ます

kkudo17 11:28
11:30

不変のものではありません

kkudo17 11:30
11:33

私たちが環境に馴染むにつれ

kkudo17 11:33
11:37

モデルは私たちの感覚に近づいていきます

kkudo17 11:38
11:40

例としては

kkudo17 11:40
11:42

100 年前に戻ってみましょう

kkudo17 11:42
11:45

電気が出現したばかりの頃で

kkudo17 11:45
11:47

沢山の懸念が持たれていました

kkudo17 11:47
11:49

呼び鈴を鳴らすのを怖がっていた人がいました

ahicks 11:49
11:52

当時 危険だった電気が使われていたためにです

kkudo17 11:52
11:55

私たちは電気製品はお手の物です

kkudo17 11:55
11:57

電球の付け替えも

kkudo17 11:57
11:59

さして考えることもなくできます

kkudo17 11:59
12:03

電気にまつわる安全のモデルは

kkudo17 12:03
12:06

私たちにとっては常識です

ahicks 12:06
12:09

生まれたときから特に変化もしていません

ahicks 12:09
12:12

使い方は完全にマスターしています

kkudo17 12:12
12:14

世代毎の

kkudo17 12:14
12:16

インターネットにまつわるリスクを考えてみましょう

kkudo17 12:16
12:18

ご両親のインターネットの安全に対する姿勢と

kkudo17 12:18
12:20

皆さんの姿勢

kkudo17 12:20
12:23

そして皆さんの子供はどうなるでしょう

kkudo17 12:23
12:26

モデルは最終的に背景へと馴染んでいきます

kkudo17 12:27
12:30

直感は「慣れ」の言い換えに過ぎません

kkudo17 12:30
12:32

つまりモデルが現実に近づくほど

kkudo17 12:32
12:34

そして感覚と一体になるほど

kkudo17 12:34
12:37

モデルの存在に気付かなくなります

kkudo17 12:37
12:39

この良い例は

kkudo17 12:39
12:42

昨年の豚インフルエンザでしょう

kkudo17 12:42
12:44

豚インフルエンザが最初現れたとき

kkudo17 12:44
12:48

初期情報は沢山の過剰反応を引き起こしました

ahicks 12:48
12:50

名前が付いていたために

ahicks 12:50
12:52

普通のインフルエンザより致死率が

ahicks 12:52
12:54

低いにも関わらず恐ろしげです

ahicks 12:54
12:58

人々は医者に何とかしてもらいたいと考えていました

ahicks 12:58
13:00

自分ではコントロールできない感覚があったわけです

kkudo17 13:00
13:02

名前と制御不能感が

kkudo17 13:02
13:04

リスクを実際以上のものに見せました

kkudo17 13:04
13:07

新奇性が薄れ 月日が経ち

ahicks 13:07
13:09

ある程度 危機感も薄れ

kkudo17 13:09
13:11

人々は慣れました

kkudo17 13:11
13:14

新しいデータはなくとも恐れは薄れたのです

kkudo17 13:14
13:16

秋になると

ahicks 13:16
13:18

人々は 

ahicks 13:18
13:20

医者は既に解決していても良いはずだ と考えるようになりました

kkudo17 13:20
13:22

ある種の分岐がありました

kkudo17 13:22
13:24

人々は

ahicks 13:24
13:28

恐怖か受容か--

ahicks 13:28
13:30

実際には、恐怖か無関心かでしょうか--を選ぶところで

ahicks 13:30
13:33

リスク自体を疑い始めたようなのです

kkudo17 13:33
13:36

冬にワクチンが出てきたときには

kkudo17 13:36
13:39

驚くほど沢山の人が

kkudo17 13:39
13:42

ワクチンを受けることを拒否したのです

kkudo17 13:43
13:45

以上は

kkudo17 13:45
13:48

人々の安全の感覚やモデルが

kkudo17 13:48
13:50

奔放に

kkudo17 13:50
13:52

新しい情報もなしに

kkudo17 13:52
13:54

変化することの良い例です

kkudo17 13:54
13:57

こういったことはしばしば起こります

kkudo17 13:57
14:00

更にもう一つ問題を挙げます

kkudo17 14:00
14:03

感覚 モデル 実態とあります

ahicks 14:03
14:05

私は安全とは非常に相対的なものだと考えています

kkudo17 14:05
14:08

これは観察者次第だと思います

kkudo17 14:08
14:10

またほとんどの安全に関する判断には

kkudo17 14:10
14:14

多様な人々が関与しています

ahicks 14:14
14:16

特定のトレードオフで

ahicks 14:16
14:19

利害を得る人達は

kkudo17 14:19
14:21

判断に関与しようとします

ahicks 14:21
14:23

それが彼らのアジェンダ(課題)だと私は呼んでいます

ahicks 14:23
14:25

アジェンダ、つまりこれが

ahicks 14:25
14:28

マーケッティングだとか政治なのですが

ahicks 14:28
14:31

都合の良いモデルを選ばせたり

ahicks 14:31
14:33

モデルを無視して

ahicks 14:33
14:36

感覚で行動するようにしむけて

kkudo17 14:36
14:39

好みのモデルを持っていない人を排除しようとしているのです

kkudo17 14:39
14:42

これは珍しいことではありません

kkudo17 14:42
14:45

その良い例は喫煙のリスクです

kkudo17 14:46
14:49

過去 50 年の歴史で 喫煙のリスクは

kkudo17 14:49
14:51

モデルがどのように変化していくかを示しています

kkudo17 14:51
14:54

また産業が望まないモデルに対して

kkudo17 14:54
14:56

どう戦っているかも分かります

kkudo17 14:56
14:59

それを間接喫煙の議論と比較してください

ahicks 14:59
15:02

約 20 年遅れて出てきたものです

kkudo17 15:02
15:04

シートベルトはどうでしょう

kkudo17 15:04
15:06

私が子供の頃 誰もシートベルトを締めていませんでした

kkudo17 15:06
15:08

今ではシートベルトを締めないと

kkudo17 15:08
15:10

誰も運転させてくれません

kkudo17 15:11
15:13

エアーバッグはどうでしょう

ahicks 15:13
15:16

約 30 年遅れて出てきた議論です

ahicks 15:16
15:19

全てモデルの変化の例です

kkudo17 15:21
15:24

そこから分かるのは モデルを変えるのは困難だということです

ahicks 15:24
15:26

安定しているモデルを変えるのは難しいのです

kkudo17 15:26
15:28

モデルと感覚が等しいならば

kkudo17 15:28
15:31

モデルを持っているということすら分かりません

kkudo17 15:31
15:33

また別の認知バイアスがあります

kkudo17 15:33
15:35

確証バイアスというもので

kkudo17 15:35
15:38

私たちは自身の信念に沿う

kkudo17 15:38
15:40

データを受け入れる傾向にあり

kkudo17 15:40
15:43

そぐわない情報ははねのける傾向にあるというものです

kkudo17 15:44
15:46

モデルに反する証拠は

ahicks 15:46
15:49

そうだろうと思っても無視しがちです

ahicks 15:49
15:52

注意を引くには よほど強い説得力を持つものでなければなりません

ahicks 15:53
15:55

長期間をカバーする新しいモデルは難しいものです

kkudo17 15:55
15:57

地球温暖化がよい例です

kkudo17 15:57
15:59

私たちは 80 年という

kkudo17 15:59
16:01

長いスパンを持つモデルには向いていません

kkudo17 16:01
16:03

次の収穫まではいけます

kkudo17 16:03
16:06

自分の子供が成長するまでも大丈夫でしょう

kkudo17 16:06
16:09

しかし 80 年ともなると上手くやれません

kkudo17 16:09
16:12

従って地球温暖化のモデルは受け入れがとても難しいのです

kkudo17 16:12
16:16

私たちは頭の中で二つのモデルを同時に持つことが出来ます

ahicks 16:16
16:19

二つの概念をどちらも信じている

ahicks 16:19
16:22

そういう場合の問題で

ahicks 16:22
16:24

認知的不協和があるときです

kkudo17 16:24
16:26

最終的には

kkudo17 16:26
16:29

新しいモデルが古いモデルに取って代わります

ahicks 16:29
16:32

強い感情がモデルを作ることがあります

kkudo17 16:32
16:35

9.11 は大勢の人の頭の中に

kkudo17 16:35
16:37

安全モデルを作りました

kkudo17 16:37
16:40

また犯罪にあった個人的な経験や

kkudo17 16:40
16:42

健康を害した経験

kkudo17 16:42
16:44

ニュースで知った健康被害などもモデルを作るでしょう

kkudo17 16:44
16:46

以上は精神科医によると

kkudo17 16:46
16:48

フラッシュバルブ記憶と呼ばれるものです

kkudo17 16:48
16:51

モデルを一瞬で作り上げます

kkudo17 16:51
16:54

非常に感情価が高いためです

ahicks 16:54
16:56

科学技術の話となると

ahicks 16:56
16:58

モデルを評価するための経験を

kkudo17 16:58
17:00

私たちは持っていません

ahicks 17:00
17:02

判断を他者に 代理に委ねています

ahicks 17:02
17:06

これは信頼性のある他者に委ねる場合に限り有効です

ahicks 17:06
17:08

私たちは治療薬の安全性の判断を

ahicks 17:08
17:13

政府機関に委ねています

kkudo17 17:13
17:15

私は昨日飛行機でここまで来たのですが

kkudo17 17:15
17:17

飛行機を調べませんでした

ahicks 17:17
17:19

自分が乗る飛行機の安全性の判断を

ahicks 17:19
17:22

他の組織に委ねたのです

kkudo17 17:22
17:25

この場にいる私たちは天井が落ちてくる心配なんてしていません

kkudo17 17:25
17:28

調べたからではなく

kkudo17 17:28
17:30

ここの建築規定は良いと

kkudo17 17:30
17:33

私たちは確信しているからです

ahicks 17:33
17:35

これは疑問も持たずに信じて

kkudo17 17:35
17:37

受け入れているモデルです

kkudo17 17:37
17:40

それでいいのです

kkudo17 17:42
17:44

ここで私たちが望むのは

kkudo17 17:44
17:46

人々に より良いモデルに

ahicks 17:46
17:48

精通してもらい

kkudo17 17:48
17:50

そしてそれを感覚に反映して

kkudo17 17:50
17:54

安全に関するトレードオフ判断ができるようになることです

kkudo17 17:54
17:56

これがうまくいかないときは

kkudo17 17:56
17:58

二つ 選択肢があります

kkudo17 17:58
18:00

一つは直接感情に訴えて

kkudo17 18:00
18:02

感覚を直すことです

ahicks 18:02
18:05

人を操るわけですが上手くいくときもあります

ahicks 18:05
18:07

より誠実な方法は

kkudo17 18:07
18:10

実際にモデルを修正することです

kkudo17 18:11
18:13

変化はゆっくり訪れます

kkudo17 18:13
18:16

喫煙論争は 40 年掛かりました

kkudo17 18:16
18:19

これは簡単だった方です

kkudo17 18:19
18:21

こういったことは難しいのです

kkudo17 18:21
18:23

なんと言っても

kkudo17 18:23
18:25

情報こそが私たちの最高の希望に思えます

kkudo17 18:25
18:27

先ほど嘘をつきました

kkudo17 18:27
18:29

感覚 モデル 実態について触れたことを覚えていますか?

kkudo17 18:29
18:32

現実は変わらないと言いましたが 変わります

kkudo17 18:32
18:34

私たちは科学技術の世界に生きています

kkudo17 18:34
18:37

現実は常に移り変わっています

kkudo17 18:37
18:40

ヒトという種の歴史上で初めてこのような環境になったかもしれません

kkudo17 18:40
18:43

感覚がモデルを モデルが実態を追い 実態は変わり続け

kkudo17 18:43
18:46

いずれも追いつくことは恐らくありません

kkudo17 18:47
18:49

先のことは分かりませんが

kkudo17 18:49
18:51

しかし長期的には

kkudo17 18:51
18:54

感覚と実態は共に重要なものです

kkudo17 18:54
18:57

それを示す小話を二つ紹介して終わりにしたいと思います

kkudo17 18:57
18:59

1982 年 皆さんが覚えているか分かりませんが

kkudo17 18:59
19:02

アメリカで短期間

kkudo17 19:02
19:04

タイレノール中毒が流行りました

kkudo17 19:04
19:07

恐ろしい事件です 誰かがタイレノールのボトルに

kkudo17 19:07
19:10

毒を混入し フタを閉めて棚に戻しました

kkudo17 19:10
19:12

それを誰かが購入し 死亡しました

kkudo17 19:12
19:14

この事件は人々に恐怖を与えました

kkudo17 19:14
19:16

いくつかの模倣犯が現れました

kkudo17 19:16
19:19

実際の危険は無かったものの人々は恐れました

kkudo17 19:19
19:21

こういった経緯で

ahicks 19:21
19:23

タンパー防止の製薬産業ができたのです

kkudo17 19:23
19:25

あのタンパー防止キャップはここから来ているのです

kkudo17 19:25
19:27

完全にセキュリティシアターです

kkudo17 19:27
19:29

宿題として回避策を十通り考えてください

kkudo17 19:29
19:32

一つはお教えしましょう 注射器です

ahicks 19:32
19:35

しかし人々に安心感を与えました

kkudo17 19:35
19:37

人々の安全感覚を

kkudo17 19:37
19:39

より現実に近づけたのです

kkudo17 19:39
19:42

最後です 数年前友人が子供を産みました

kkudo17 19:42
19:44

私は病院の彼女を訪ねました

kkudo17 19:44
19:46

今日では新生児に

kkudo17 19:46
19:48

RFID の腕輪を着け

kkudo17 19:48
19:50

それに対応した腕輪を母親に着けるようです

kkudo17 19:50
19:52

こうすると 母親以外が赤ん坊を産科病棟から連れ出そうとしたときに

kkudo17 19:52
19:54

アラームが鳴ります

kkudo17 19:54
19:56

「なんだか凄いですね

kkudo17 19:56
19:58

病院で新生児連れ去りは

kkudo17 19:58
20:00

どれだけ発生しているんでしょう」

kkudo17 20:00
20:02

帰宅して調べてみました

kkudo17 20:02
20:04

ほとんど発生していないようです

kkudo17 20:04
20:06

しかし考えてみましょう

kkudo17 20:06
20:08

病院で

ahicks 20:08
20:10

何らかの検査のために母親の元から

kkudo17 20:10
20:12

部屋の外へ連れ出す必要があるとします

kkudo17 20:12
20:14

そのとき良いセキュリティシアターが無ければ

kkudo17 20:14
20:16

母親はあなたの腕をもぐでしょう

kkudo17 20:16
20:18

(笑)

kkudo17 20:18
20:20

従って私たち安全を考えるものにとって

kkudo17 20:20
20:22

またセキュリティポリシーや

kkudo17 20:22
20:25

更には公序良俗を考えるものにとって

kkudo17 20:25
20:27

安全への影響という点で

kkudo17 20:27
20:29

これは重要なのです

kkudo17 20:29
20:32

実態だけではなく 感覚と実態を考えねばなりません

kkudo17 20:32
20:34

重要なのは

kkudo17 20:34
20:36

両者がほぼ同じであることです

kkudo17 20:36
20:38

感覚が実態に則していれば 安全に関して

kkudo17 20:38
20:40

より良いトレードオフ判断ができるということが重要なのです

kkudo17 20:40
20:42

ありがとうございました

macueno 20:42
20:44

(拍手)